人事評価制度TOP > 人事評価制度の教科書 > コラム > 仕事の生産性を上げたい人に使ってほしいタイムトラッキングツール7選

2017-08-26

仕事の生産性を上げたい人に使ってほしいタイムトラッキングツール7選

shutterstock_331702991


「もっとうまく時間を使って、生産性をアップさせたい!」という人の心強い味方が、タイムトラッキングツールです。どんな作業にどのくらい時間を使っているのか正確にわかれば、適切なタイムスケジュールを組むことが可能になりますよ。

使いやすく利便性の高いタイムトラッキングツールをセレクトしました。

タイムトラッキングで時間の使い方を可視化しよう

タイムトラッキングツールとは、作業時間の記録をとるウェブサービスやアプリ、ソフトウェアのことです。時間をチェックするだけでなく、1日のうち何に時間をどれほど割いているかをレポートしたり、チームでツールを共有したりといった機能があります。

個人の、そしてチームの時間の使い方を可視化し、より生産性の上がる時間の使い方を考えるのに最適です。

タイムトラッキングツール7選

shutterstock_629474801

Toggl

Toggl(トグル)は、英語サイトながらいたってシンプルで、誰でも使いやすい時間計測サービルです。これから作業をする項目名をツールに書き込んで「スタート」を押し、終わったら「ストップ」を押せば、時間が記録されます。ストップウォッチみたいなものと考えてください。

もちろん、ただのストップウォッチではありません。複数の作業で時間の記録を繰り返すと、一日のトータル作業時間やコンテンツごとのグラフがレポートされるので、「この作業には、これだけの時間がかかっているのか」と改めて確認するのにとても便利です。

誰でも無料で始めることができ、チームで共有して使うこともできます。また、無料版はチームメンバーの数が5人までですが、有料版は無制限です。みんなで使えば、さらに効率アップが期待できちゃいますよ!

公式サイト:Toggl – Time Tracker & Employee Timesheet Software

Clock It!

タスクの作業時間をストップウォッチで計測したら、タスクに見積もり時間を登録することができます。作業中も「この作業はあと○分で終わる!」と、具体的にめどをつけられるので、突然の電話にも「あと○分で折り返します」など正確に伝えられて便利です。

スマホやタブレットからでも利用でき、料金は完全フリーとなっています。手軽にタスク管理を始められ、いつでもどこでも時間計測ができるのは大きな魅力です。

公式サイト:Clock It! – タスク管理&タイムマネジメントサービス

TimeCrowd

個人でもチームでも使えるタイムトラッキングツールです。とくにチームで使うときには、メンバーのリアルタイムの活動状況がわかるので、フォローアップや指示出しに便利で、チーム全体の効率が上がります。また、それぞれのスタッフの得意な仕事がわかれば、適性に合わせた仕事の振り分けが可能になるでしょう。

チャットワークなどのチャットアプリと連動が可能で、一緒に仕事を共有している感覚がさらに高まるため、テレワークにも最適です。

公式サイト:TimeCrowd – タイムクラウドはチームでの時間を共有し生産性を高めるための時間管理ツールです

aTimeLogger

aTimeLoggerは、時間管理のためのアプリです。作業をアイコンとして登録し、アイコンをタップするとストップウォッチが始まります。スマホで簡単に記録できるので、仕事内容だけではなく入浴や睡眠、食事についても時間を測ってみて、一日全体の時間管理にも使えるのが便利です。

一日の終わりにはレポートをメールで送れるので、後日まとめてPCでゆっくり見たいというときにも使えます。

itunes:aTimeLoggerを App Store で
Google Play:aTimeLogger – Time Tracker – Google Play の Android アプリ

Jooto

「ToDo」、「進行中」、「完了」など進行別に可視化されたフォルダを作ることができ、ホワイトボードにタスクを書き込んだ付箋をペタペタ貼っていくように、感覚的な操作が可能なタスク管理ツールです。個人でもチームでも、仕事を最大限に見える化するツールとして使えます。

公式サイト:タスク・プロジェクト管理ツールJooto(ジョートー)

Timely

画面がウィークリー表示で、スケジュール帳感覚で使えるのがTimelyです。無料版に時給換算できる機能がついているのが、フリーランスにはたまらないでしょう。スマホやタブレットでも操作できます。

公式サイト:Timely – Time Tracking and Timesheet software for productive teams. – Timely

RescueTime

さぼっている時間が多いのはわかってる、それをいましめてくれまいか……と悩んでいる人にうってつけの、閲覧したウェブサイトや使用したアプリを自動的に記録してくれるソフトです。スマホやタブレットを使わず、常に1つのPCで作業をしている人におすすめとなっています。

公式サイト:RescueTime:現代の職場で生産的で幸せな時間管理ソフトウェア

時間管理をすると時間の使い方が変わる

shutterstock_662922199

タイムトラッキングツールを使えば、自分がどんな作業にどのくらいの時間を使っているかがはっきりとわかります。

すると、「時間がかかる仕事は2日に分けて、合間に急ぎの仕事を入れよう」「あまり時間がかからない仕事は日中にダラダラやらないで、朝イチで終わらせよう」などと、これまでの手順から抜け出すことができるでしょう。

おわりに

自分の時間の使い方のクセがつかめたら、生産性アップのチャンスです。個人で、チームで、仕事を効率化して思い通りの成果が上げられるよう、タイムトラッキングツールを効果的に使っていきましょう。

紹介したサービスは無料版や無料期間があるものがほとんどです。気軽に始めてみてはくださいね。


人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

このサイトについて

日本人事経営研究室
日本人事経営研究室が運営する人事評価制度をメインテーマとしたブログです。「急成長をしてきたが、社員が増えるにつれて一体感がなくなり、成長率が鈍ってきた」「社員の不満が多く、離職率が高い」「主体性を持って働いてもらいたいが、みんなが受け身で待ちの姿勢…」といった悩みをお持ちではありませんか? そうした課題の解決に人事評価制度が役立ちます。人事評価制度は社員の給料を決めるためだけのものではありません。社員のモチベーションを高め、正しく成長し、やりがいを持って働いてもらうための経営の屋台骨です。「人事評価制度の教科書」では、効果的な人事評価制度の設計方法から、導入・定着までのノウハウを具体的に、わかりやすくご案内していきます。

人気の記事

最新記事

運営会社

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント