人事評価制度TOP > 人事評価制度の教科書 > コラム > 怒りをコントロールするアンガーマネジメント、学ぶことで得られるメリットと身につける方法を解説

2018-03-29

怒りをコントロールするアンガーマネジメント、学ぶことで得られるメリットと身につける方法を解説

s-shutterstock_193834595


たくさんの人に囲まれて仕事をしていると、ついついイラッとしてしまうことがあります。そのイライラを、すぐに他人にぶつけてしまっていませんか。怒りをコントロールするアンガーマネジメントを身につければ、人間関係が良好になり、仕事もうまくいくようになりますよ。アンガーマネジメントを学ぶことで得られるメリットと、身につける方法を解説します。

怒りがもたらす悪影響

誰かに怒られたら、あなたはどう思いますか。理由はどうあれ、ムッとしたり、シュンとなったり、とにかくプラスの感情を覚えることはありませんよね。怒りは、人間関係に大なり小なり悪影響を及ぼします。

怒りがもたらす悪影響は、人間関係にとどまりません。怒りは、怒った本人の身体と精神にもダメージを与えます。急な激昂は血圧を上げ、脳血管障害や心臓発作をもたらす危険性がありますし、後を引く怒りはネガティブな感情を引きずり、精神疾患にまで発展する恐れがあるのです。

このように、やみくもに怒ってもトクすることは何もありません。かといって、怒りを発生させないというのは無理なので、イラッと来たときに、どうコントロールするかが大事になってきます。

アンガーマネジメントとは?

s-shutterstock_140238844

怒りをコントロールすることを、アンガーマネジメントといいます。怒りをなくすのではなく、自分の怒りをよく見つめてコントロールするという点がポイントです。怒るべきときは怒り、怒る必要のないときには怒らないようにする、有効な怒り方を学びます。

怒りはときに後悔を伴います。「あの時、あんなふうに言わなくても良かった」「ついかっとなって、いらないことまで怒ってしまった」という後悔をしなくて済むため、アンガーマネジメントが必要なのです。

アンガーマネジメントを学ぶことで得られるメリット

人間関係が良好になる

怒りをコントロールすることができれば、いうまでもなく人間関係が良好になります。いつも怒りをあらわにしている人には、近づきたくないですよね。もし怒りを抑え、柔らかな雰囲気をまとうことができれば、人が自然と集まってきます。

怒りに隠れた本当の気持ちに気づける

実は、怒りは二次感情であると言われています。怒りの奥底には、違う感情が隠れているのです。一時感情は、不安や悲しさ、痛さ、辛さ、虚しさなどです。怒りだけをあらわにしたら、一時感情を満たすことはできません。怒りに隠れた本当の気持ちに気づければ、自分はどうしたいのか、相手にどうしてほしいのかがはっきりします。

身体と心がダメージを負わない

怒りをコントロールできれば、心穏やかに過ごせますし、身体にも負担がかかりません。トータルな健康に役立ちます。

怒りをモチベーションへつなげられる

「なぜか、怒ると仕事がはかどる」と、怒りの効果を実感している人もいることでしょう。怒りは、実はモチベーションの向上につながります。ただし、自分のモチベーションを上げて、周囲のやる気を下げてしまうような怒り方は、チーム全体で見ればよくありません。

正しい怒りは、自分と周囲のモチベーションをアップしてくれる大事な要素です。だからこそ、怒りをなくすのではなく、コントロールすることが必要なのです。

アンガーマネジメントを身につける方法

s-shutterstock_548509426

イラッと来たら何も言わず6秒待つ

怒りの感情はアドレナリンを活性化させ、このアドレナリンがコントロールできない激情を作りだします。アドレナリンは怒りを感じてから最初の6秒でより強く出るといわれているため、初めの6秒をじっとやり過ごせば、「ついカッとなって」適切ではない行動に出る失敗がなくなります。

イラッと来たら、何も言わず6秒待ちましょう。頭の中で数を数える、自販機で飲み物を買う、水を飲むなどして、いったん自分の感情を鎮めることが大事です。

相手にしてほしいことを明確にする

6秒待てば、その間に自分の第一感情が明確になってくることでしょう。「相手に遅刻されたから、打ち合わせに遅れることが不安で怒ってしまったのだ」「虚偽の報告をされていたことが辛く悲しいのだ」と、心の奥にある本当の気持ちを捉えます。

自分の本当の気持ちがわかれば、相手にしてほしいことが明確になります。「不安になってしまうから、遅れるときは一本電話を入れてください」「今、辛く悲しい気持ちでいっぱいだ。どうして本当のことを言ってくれなかったのか」といった言葉が自然に出てくるでしょう。

すると相手は、自分がどんな感情を与えてしまい、何をするべきなのかをきちんと理解できます。素直な謝罪の言葉を引き出せるでしょう。「何をやってるんだ!」と怒られるのとは、大違いです。

自分と周囲の「べき」の範囲を知る

ときには、価値観の違いから衝突してしまうこともあるでしょう。相手の行動が自分の「こうあるべき」から離れてしまうと、怒りが生じます。しかし、価値観は人それぞれです。自分の価値観を守りながらも、許容範囲を広げていかなければ、日々の怒りが収まることはないでしょう。

人間関係を、ひいては仕事を円滑に進めるためには、相手が自分の価値観と少し違った行動をしても、仕事に支障がないのであれば良しとしなければなりません。日々コミュニケーションを図る中で、さまざまな価値観に触れ、学ぶのが重要です。

怒りで失敗しないように、怒りをコントロールする技術を身につけよう

s-shutterstock_168083798

怒りをじっと我慢することが、アンガーマネジメントではありません。怒りの正体を見つめ、自分と周囲にとってその感情がプラスに働くようにコントロールすることが大事です。怒りで失敗し、後悔することのないよう、アンガーマネジメントを身につけましょう。

おわりに

アンガーマネジメントを意識していてもうまくいかず、カッとなった瞬間に怒ってしまうことがあるかもしれません。そんなときには、すぐに相手に謝りましょう。そして、自分が本当に感じたこと、してほしいことを伝えるのが重要です。速やかな対処ができれば、人間関係は損なわれずに済みます。


人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロード用URLを記載したメールをお送りします。また、会社のビジョンを実現するための具体的実践例と成功のコツが満載の「山元浩二のメールマガジン」を月2回お届けします!

*
*
メールアドレス*
会社名*
役職*
業種

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

このサイトについて

日本人事経営研究室
日本人事経営研究室が運営する人事評価制度をメインテーマとしたブログです。「急成長をしてきたが、社員が増えるにつれて一体感がなくなり、成長率が鈍ってきた」「社員の不満が多く、離職率が高い」「主体性を持って働いてもらいたいが、みんなが受け身で待ちの姿勢…」といった悩みをお持ちではありませんか? そうした課題の解決に人事評価制度が役立ちます。人事評価制度は社員の給料を決めるためだけのものではありません。社員のモチベーションを高め、正しく成長し、やりがいを持って働いてもらうための経営の屋台骨です。「人事評価制度の教科書」では、効果的な人事評価制度の設計方法から、導入・定着までのノウハウを具体的に、わかりやすくご案内していきます。

人気の記事

最新記事

運営会社

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント