人事評価制度TOP > 人事評価制度の教科書 > コラム > 仕事の生産性や効率を圧倒的に高める!小休憩を挟む「52-17の法則」を伝授します!

2017-10-03

仕事の生産性や効率を圧倒的に高める!小休憩を挟む「52-17の法則」を伝授します!

shutterstock_704819866 (1)


デスクワーク中心の生活をしている方、休憩をマメにとっていますか?「取りたくても、忙しくてなかなか取れない」という方ほど、頻繁に小休憩を取ったほうが、仕事効率をグンと高めることができますよ。生産性を高める52-17の法則についてご紹介します。

人間が集中できる時間には限界がある

例えば、映画は2時間ものがほとんどです。コンサートや著名人の講演も、120分という時間設定がけっこうあります。だから「2時間くらいなら、余裕で椅子に座っていられる」と思っている人は多いのではないでしょうか。

でも、よっぽどの映画好きでなければ、ちょっと休憩時間を挟んでも2本目は観られませんよね。コンサートや講演会のはしごもカンベンです。そう、2時間もの集中は、とっても疲れるのです。

デスクワークは身体的な疲れがないからと、「気づけば2時間机の前にいる」ということが常態化している人は、もしかしたらとっても疲れているのに自分が気づけないだけかも。そのままでは、脳に疲労がたまって、だんだん効率的に仕事を進められなくなりますよ。

52-17の法則

shutterstock_374182819

だったら、どのくらいの時間を目安に休憩を挟むとよいのでしょうか。それについては、最近、興味深い研究結果が出ています。タイムトラッキングツールを使った実験をしたところ、最も生産性が高い仕事をするためには「52分、デスクについていて、17分間休憩をとる」のが効果的だという結論にたどり着いたというのです。

そういえば、小学校の授業は45分で、10分から20分の休憩が一般的です。テレビ番組も、CMを挟むにしろ1時間番組が圧倒的に多いでしょう。学校やTVの時間配分は、けっこう理にかなっているのかもしれません。

shutterstock_333692885 (1)

また、「洗濯機を回している最中ほど家事に集中できる」という経験のある人もいるのではないでしょうか。大物洗いなら、洗濯機が回っているのはおよそ40分から50分ほど。52-17の法則を知った後であれば、「もっとも」とうなずける話です。

小休憩を挟むことで仕事効率が上がる

あなたも、もしかしたら仕事がそんなに切羽詰まっていないときには「コーヒーでも飲もう」「ちょっと化粧直しに」などといって、1時間に1回は離席しているのではないでしょうか。そういうときのほうが、忙しいときよりも集中力が高まっている可能性があります。何とも皮肉な話ですよね。

忙しいときほど、52-17の法則を使って、マメな小休憩を挟みましょう。「52分なんて、細かすぎる。ウッカリすると時間が過ぎちゃう」という人は、タイムトラッキングアプリを使うと便利です。「タイムクラウド」「a TimeLogger」「Toggl」など、作業時間を記録してくれるアプリやツールがあります。日々記録して、時間の感覚をつかみましょう。

ちなみに、17分間の休憩においては、メールやSNSをチェックするのではなく、完全に仕事を離れて休憩したほうがよいようです。脳をしっかり休めることが、集中力の回復につながるのでしょう。

ごほうびを用意して集中力を高める

とはいえ、ワーカホリック気味な人ほど「17分の休憩なんて長すぎる。なにをすればいいのかな」と戸惑うのではないでしょうか。休憩が楽しみでなければ、52分の仕事時間だって張り合いがないですよね。そんな人は、意識して「楽しみなこと」を作る必要があります。

例えば、珍しいフレーバーがたくさん詰まったアソートのティーバッグを用意して「次の休憩時間は、あの味を飲んでみようかな?」と考えながら仕事をしてみましょう。コーヒー好きの人は、何種類かの豆を買ってきて、飲み比べるのもいいですね。

読書好きの人は、すぐに読める短編小説や、続きが気になるミステリーをバッグにしのばせておけば、休憩時間ごとに本の世界へトリップできます。脳のいい切り替えになることでしょう。ただ、疲れ目ぎみの人は本の読み過ぎに十分注意してください。

おわりに

52-17の法則を使えば、たっぷり休憩しているつもりでも、仕事効率がアップし、今までよりずっと手早く仕事を終わらせることができます。今日からでもすぐに試せる、生産性の高め方です。まずは1日だけでも、やってみませんか?


人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

このサイトについて

日本人事経営研究室
日本人事経営研究室が運営する人事評価制度をメインテーマとしたブログです。「急成長をしてきたが、社員が増えるにつれて一体感がなくなり、成長率が鈍ってきた」「社員の不満が多く、離職率が高い」「主体性を持って働いてもらいたいが、みんなが受け身で待ちの姿勢…」といった悩みをお持ちではありませんか? そうした課題の解決に人事評価制度が役立ちます。人事評価制度は社員の給料を決めるためだけのものではありません。社員のモチベーションを高め、正しく成長し、やりがいを持って働いてもらうための経営の屋台骨です。「人事評価制度の教科書」では、効果的な人事評価制度の設計方法から、導入・定着までのノウハウを具体的に、わかりやすくご案内していきます。

人気の記事

最新記事

運営会社

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント