人事評価制度TOP > 人事評価制度の教科書 > コラム > Excelより断然効率的!プロジェクト管理・工数管理が捗るツール7選

2017-04-19

Excelより断然効率的!プロジェクト管理・工数管理が捗るツール7選

shutterstock_616378832


多数の工程があり、たくさんの人が関わるプロジェクトは、管理をするだけでも時間がとられてしまいます。なかにはExcelで工数管理をしているという企業もあるでしょう。

しかし、ジョブマネジメントに特化したツールを使えば、Excelより断然効率がアップしますよ。工数管理がはかどるツールをご紹介します。

Excelでの工数管理は限界がある

Excelは、少しパソコンに慣れてしまえば誰でも使え、簡単に美しい表が作成できる優れたソフトです。

一方、もともと表計算ソフトなので、工数が増えたときや一部が遅れたときなど、途中で変更があったときに表を整えるのが少し大変なときがありますよね。このような経験をお持ちの方は、多いのではないでしょうか。

また、Excelデータを作業開始や終了などを作業者が編集できるようにクラウド化したら、いつの間にか不慣れな誰かが行や項目を消してしまっていたなどというトラブルを経験された方もおられると思います。

そんなときのためにも、誰でも扱え、かつ肝心なところは編集されにくい専用ツールを使ってみませんか。今回ご紹介するツールは、トライアル無料のものがほとんどです。

プロジェクト管理・工数管理が捗るツール7選

Backlog

backlog

絵文字やイラスト中心の親しみやすいデザインが、プロジェクトメンバーのコミュニケーションを誘うBacklogは、4,900社を超える企業で導入されているプロジェクト管理ツールです。

課題情報をWeb上で一元管理でき、ファイル変更やプロジェクトの進捗管理が簡単に行えるほか、iPhoneやAndroidにも対応しています。

Backlog
公式サイト

Brabio!

Brabio!はガントチャートを素早く作ることができるのがポイントです。Excelに慣れている社員であればかなり馴染みのあるデザインのため、さくさく使えるでしょう。

また、メンバーの誰にどれほどの仕事が振られているかがグラフであらわされるため、リーダーがメンバーの忙しさをきちんと把握できます。

Brabio!
公式サイト

ジョブマネ

ジョブマネはスケジュールやタスク管理、工数管理はもちろん、経費管理や予算実績対比表、生産性分析といったツールとも連携できるため、現場担当者だけではなく上部にもかなりの手助けとなります。

進捗、売上、原価額などが簡単に割り出せるため、総合してPDCAをすすめたいときにも有効です。

ジョブマネ
公式サイト

TimeCrowd

TimeCrowdは、メンバーが今どれほど仕事を抱えていて、どのくらい空き時間があるかが見える化されるツールです。

外部に業務を委託することが多い、在宅勤務の社員が多いなどといったプロジェクトで、対面せずとも仕事状況を把握するのに優れています。Googleカレンダーと連動できるのも嬉しいポイントです。

TimeCrowd
公式サイト

Brushup

Brushup

Brushupは、デザインチェックに特化した管理ツールです。写真やイラストはもちろん、動画のデザインにもコメント指示ができるため、対面せずとも修正指示を正確に伝えることができます。

毎回、大きいデザインデータをダウンロードするのに時間がかかっていたという人も、さくさくレビューをチェックできることに驚くでしょう。

Brushup
公式サイト

TimeTracker FX

プロジェクト管理を効率的に行えるだけではなく、工数データの実績を集めることを重視したツールのため、PDCAを効率的にまわせ、また問題点がしっかり可視化されます。

業務のブラッシュアップを叶えたいと考える企業におすすめです。

TimeTracker FX
公式サイト

InnoPM

効率的な工数管理に必要なツールが網羅されているほか、「マイレポート」機能で、社員がそれぞれの工数実績や生産性の詳細を見ることができるため、自分の成長度合いが可視化され、やる気アップにつながります。

プロジェクト原価のリアルタイムでの把握が可能なのも特徴です。

InnoPM
公式サイト

ツールを活用して業務効率化を目指そう

どのツールも簡便で直感的な操作が可能です。「Excelを使い慣れているから、他のツールを覚えるのは大変」と新しいソフト導入にしり込みする社員も難なく使いこなせます。

操作が簡単なうえクラウド管理が可能なので、リーダーだけではなく社員が自ら進捗を入力でき、管理のためだけの残業が驚くほど減ることを実感するでしょう。

また、コミュニケーション活性に役立ちそうなツールや、PDCAを回すのに効果的なツールを選べば、企業の悩みやニーズに合わせた工数管理が可能です。複数を検討材料に入れて、自社に合ったツールをじっくり探しましょう。

おわりに

働き方改革が叫ばれている昨今、業務の効率化は多くの企業にとって避けられない課題です。工数をクラウドで効率的に管理できるツールは、残業削減や在宅勤務を取り入れるにあたって、力強い味方となってくれることでしょう。

まずはトライアル版を1プロジェクトで試してみて、いろいろな立場の社員に感想を聞いてみてはいかがでしょうか。


人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

このサイトについて

日本人事経営研究室
日本人事経営研究室が運営する人事評価制度をメインテーマとしたブログです。「急成長をしてきたが、社員が増えるにつれて一体感がなくなり、成長率が鈍ってきた」「社員の不満が多く、離職率が高い」「主体性を持って働いてもらいたいが、みんなが受け身で待ちの姿勢…」といった悩みをお持ちではありませんか? そうした課題の解決に人事評価制度が役立ちます。人事評価制度は社員の給料を決めるためだけのものではありません。社員のモチベーションを高め、正しく成長し、やりがいを持って働いてもらうための経営の屋台骨です。「人事評価制度の教科書」では、効果的な人事評価制度の設計方法から、導入・定着までのノウハウを具体的に、わかりやすくご案内していきます。

人気の記事

最新記事

運営会社

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント