人事評価制度TOP > 人事評価制度の教科書 > コラム > あなたの組織は大丈夫?社内の問題点を可視化する「納得度アンケート」

2016-09-29

あなたの組織は大丈夫?社内の問題点を可視化する「納得度アンケート」


f:id:urj:20160926163715j:plain

社員のモチベーションは、会社の健康度のバロメーターです。社員が不満を抱えている場合、その社員のやる気は低下し、業績に悪影響を与えます。そして、そんな状態を放置するのは非常に危険です。表面には出にくい社内の問題点を可視化させるためにも「納得度アンケート」をつくり、社員のモチベーションアップに役立てましょう。

本文中で紹介している各種シートは下記よりダウンロードしていただけますので、ぜひこちらを見ながらご覧ください。

【無料】資料ダウンロードはこちら(zipファイル)

「納得度アンケート」をつくる意義

会社は、人事評価制度によって社員を評価し、報酬や役職などについての決定を下します。しかしそのままでは、評価制度が社員それぞれにとって納得のゆくものであるかを知るすべはありません。会社と社員という構図であっても、人と人とのやりとりです。一方的な評価で終わらせてしまっていいわけありませんよね。

上司からの評価について、社員に評価をしてもらいましょう。評価のための育成面談が終了した後に、納得度アンケートを全社員に実施します。評価の納得度が得られているかどうか、成長のための目標が明確になって取り組めているかどうかを調査するのです。

納得度が低い場合には、高くなるように改善していかなければなりません。もし改善がみられないと、社員の不満は一層高まっていくことでしょう。不満はやる気の低下につながり、会社全体の雰囲気が悪くなります。当然、業績は下がることになってしまうはずです。

アンケートを行うと組織上の問題点が見えてくる

納得度アンケートは、部署ごとに結果を集約するといいでしょう。リーダーの評価への関わり方や部署のマネジメントについて理解がしやすいうえに、具体的な問題点などが明確になる場合もあります。

こんな例があります。全国に22店舗を展開する企業で納得度アンケートを実施しました。するとそのうち2店舗の結果が極端に悪かったのです。「育成面談を受けることで、仕事に対するモチベーションが上がったか」という項目に対し、5割以上が「モチベーションが低下した」と答えていました。

他の店舗は5割以上が「モチベーションが上がった」と答えていたため、理由を探ったところ、該当する2店舗ではそもそも育成面談を行っていないことが分かりました。

また、部署のリーダーが日頃のマネジメントを全くできていないことが露呈し、意識づけと指導を行ったにも関わらず、改善されなかったため降格せざるを得なかったという事例もあります。納得度アンケートの本来の目的は納得度の計測と向上へ向けた対策ですが、人事評価制度や組織上の問題点が把握できるという効果があるのです。

「納得度アンケート」の作成方法

f:id:urj:20160926164617j:plain

それでは、具体的にどのようなアンケートを作成すればよいかをご紹介しましょう。

匿名が原則

アンケート用紙には、部署とグレードだけを記入して無記名で提出してもらいます。本音で回答してもらえる確率が高まるからです。

最終評価判定への納得度を率直に聞く

まずは、評価について率直な気持ちを聞き出しましょう。「最終評価判定に納得できたか」「各評価項目に対する評価結果に納得できたか」「上司からの評価結果の説明に納得できたか」といった質問に、「十分納得できた」「ほぼ納得できた」「納得できない」の3択を与えます。

具体的なイメージを持てたかをチェックする

「上司から評価についての説明があったか」「説明により、いつまでに何をすべきか理解できたか」といった項目に、イエスかノーかで答えてもらいます。評価を受けても、次にもっと良い評価をもらえるにはどうすべきかが提示されなければ、モチベーションは続きません。社員が具体的にイメージを描けているかが重要なのです。

本人のやる気と理解度を確認する

「面談によってやる気が向上したか」「給与の仕組みが理解できているか」といった項目で、本人のやる気と理解度を確認します。この数値が低ければ、育成面談の方法や評価制度の仕組みを根本から練り直さなければならないかもしれません。

まとめ

納得度アンケートを始めた当初は50%近くからのスタートでも、継続し、対策を行ってゆくことでどんどんと数値は高まっていくことでしょう。最終的には94%強の高い数値を得た例もあります。ぜひ継続的に実施し、納得度を高めていきましょう。


人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

このサイトについて

日本人事経営研究室
日本人事経営研究室が運営する人事評価制度をメインテーマとしたブログです。「急成長をしてきたが、社員が増えるにつれて一体感がなくなり、成長率が鈍ってきた」「社員の不満が多く、離職率が高い」「主体性を持って働いてもらいたいが、みんなが受け身で待ちの姿勢…」といった悩みをお持ちではありませんか? そうした課題の解決に人事評価制度が役立ちます。人事評価制度は社員の給料を決めるためだけのものではありません。社員のモチベーションを高め、正しく成長し、やりがいを持って働いてもらうための経営の屋台骨です。「人事評価制度の教科書」では、効果的な人事評価制度の設計方法から、導入・定着までのノウハウを具体的に、わかりやすくご案内していきます。

人気の記事

最新記事

運営会社

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント